NEWS

ドイツの警察部隊がシグ・サワー社の「MCX」ライフル×数百挺を発注。MP5からのリプレイスが緩やかに前進

海外軍事

Photo from SIG Sauer
This photo is for illustration purposes only.
ドイツの警察部隊がシグ・サワー(SIG Sauer)に対して「MCX」ライフルの発注を掛けていたことが分かった。国内ニュースサイトのプレスポータルが初報し、その後、日刊タブロイド紙のビルトなどが取り上げている。多くの州警察から発注が掛かっており、数百挺規模の調達になるとみられる。

関連記事:
ドイツ軍用ライフルでの採用を狙う SIG SAUER の新型小銃「SIG MCX」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    プレスポータルは、「今回の発注は治安部隊における銃器調達の潮流を明確にするものであり、ヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)製9㎜サブマシンガンから徐々にリプレイスが進んでいる」とするフランツ・シュタウフェンベルク(Franz von Stauffenberg)シグ・サワー社CEOのコメントを掲載している。

    また、シュタウフェンベルク氏は「コンペは公平な中でおこなわれた」「特に必要な弾薬の適合性については、丸1年に渡って厳正に試験された」とも語っている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop