NEWS

ヘッケラー&コッホ社、サウジアラビア向け G36 部品の輸出承認を巡る行政訴訟でドイツ政府に勝利

海外軍事

Image is for illustration purposes only.
ドイツ政府とヘッケラー&コッホ社 (H&K: Heckler & Koch GmbH) との間に広がる「わだかまり」の 1 つであった、サウジアラビア向け銃部品の輸出について、フランクフルトの行政裁判所は 23 日、「政府は輸出承認をするかどうか決定する必要がある」という判決を下した。ロイター通信が伝えた。

関連記事:
H&K が G36 自動小銃のサウジ向け輸出遅延で政府機関を相手に法廷闘争へ

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2008 年当時のメルケル政権下では、サウジアラビアでの G36 製造に向けた輸出承認が下りていたが、2014 年半ばになって、ジグマール・ガブリエル (Sigmar Gabriel) 経済相が、「中東情勢の緊張」を背景として、武器輸出に対して慎重な姿勢をみせている。

    その煽りを受けて、サウジアラビア向けに輸出するはずだった G36 アサルトライフルの組み立てに必要な 5 つの部品について、政府の承認が下りず、2 年以上の歳月を経過するに至っていた。


    Photo: Military Industries Corporation (Saudi Arabia)
    売上の多くを輸出に依存している H&K 社にとっては、こうした政府の輸出承認の方針転換が「死活問題にもなり兼ねない」として危機感を露わにし、2015 年 10 月に、経済省の下部組織である「連邦経済・輸出管理庁 (BAFA: Bundesamt fuer Wirtschaft und Ausfuhrkontrolle) 」を相手取って法廷闘争へと舵を切っていた。

    今回の一報を受け、海外銃器関連ニュースサイトでは、「ドイツ政府を相手にした H&K 社の主要な勝利」として伝えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop