翼長4.3メート、重量50キログラムの巨大ラジコン「OV-10ブロンコ」の飛行映像

ミリタリー模型・フィギュア
英国スタッフォードシャー、ウェストン=アンダー=リザードのウェストン・パークでおこなわれた国際模型航空ショーにおいて、ラジコン仕様の巨大なOV-10 ブロンコ(Bronco)が飛行した。

実寸の38%スケールで組み立てられたこのOV-10ブロンコには、ゼノア製62㏄エンジン×2基が搭載。翼長約4.3メートル、重量50キログラムを有するその巨体がゆっくりと上空に向けて飛び立っている様子が示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ベトナム戦争時代に活躍したヴィンテージ「コイン(COIN: Counter Insurgency)機」であるOV-10 ブロンコは2015年、米軍主導によるダーイッシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)討伐を掲げた「不変の決意」作戦(Operation Inherent Resolve)において、近接航空支援(CAS: Close Air Support)用途や武装偵察などを中心に、120の戦闘ミッションに参加している。

    関連記事:
    ベトナム戦争時代のヴィンテージ COIN 機「OV-10 ブロンコ」がダーイッシュ (IS) 討伐作戦で活躍

    最大で6名の空挺隊員を運ぶことも出来るOV-10 ブロンコについて米中央軍 (USCENTCOM)は、「現代の戦闘の中でブロンコのような機体が航空戦力の有効性の増強に繋がるかを評価中だ」としている。また、その運用コストがF-15戦闘機の1/40で済む点にも着目されていた。

    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事画像
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ
    米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開
    中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発
    バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始
    対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開
    同じカテゴリー(ミリタリー模型・フィギュア)の記事
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     DevGru隊員を題材にした三頭身アクションフィギュア「TRICKYMAN」シリーズ (2018-02-15 12:49)
     米国立海兵隊博物館に彫刻家クリス・カックシー氏作のバロック調作品が公開 (2018-01-15 19:08)
     中国玩具メーカーが世界初を謳う視覚認識を持つポケットサイズの一人称視点戦闘ロボットを開発 (2017-11-15 12:10)
     バレットファイアーアームズがMSEと提携して公認の1/6スケール・アクションフィギュア「MRAD」を販売開始 (2017-10-19 19:03)
     対戦に備えてアメリカ製巨大ロボット「Megabots」の戦闘PVが公開 (2017-08-10 11:41)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop