グロック社・フレーム形状を一新した「第5世代」のグロック17・19を発表

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
「実用的なハンドガン」のデファクトスタンダード、グロックが【第5世代目】となるグロック17・19を発表・発売した。先日、法執行機関向けモデルとして登場した「M」シリーズにおける変更がこのGen5にも多く適用されている。

参考:法執行機関向け「グロック17M」の写真がリーク - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    Gen5グロックのポスター。

    外見・中身とも多くの変化があるが、最も目を引くのはグリップのフィンガーグルーヴが無くなり、ストレートな形状になった点だろう。フレーム表面のテキスチャも変更され、バレル・スライドの仕上げがnDLCフィニッシュとなった。スライド前部は斜めにカットされリホルスターが容易になった。

    バレルは従来と同じくポリゴナルライフリングだが「マークスマンバレル」という名称になっており、高精度化したものと思われる。

    スライドリリースは左右どちら側からも操作できるよう、右側にもレバーが追加された。マグウェルの入り口はフレア状に広げられ弾倉を挿入しやすくするとともに、前面に大きな切り欠きがあり、指をかけて引っ張り出すのも容易になった。

    その他エキストラクターの大型化、ロックピンの数の変更など、内部にも細かい変化がある。並み居るライバルのポリマーオートハンドガンの中ではトラディショナルなイメージを持つグロックだが「定番」として着実に進化しているようだ。

    Source: OFFICIAL: The New GLOCK Gen5 Has Arrived - The Firearm BlogThe Firearm Blog

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop