NEWS

米陸軍特殊部隊の年次国際スナイパー競技会で「グリーンベレー」第1特殊部隊グループのチームが優勝

海外軍事 Comments(0)
米陸軍特殊部隊による年次国際スナイパー競技会(ASOC ISC: Army Special Operations Command International Sniper Competition)が3月18日~22日に、ノースカロライナ州フォートブラッグでおこなわれた。第1特殊部隊グループ(空挺)から出場したスナイパーチームが、競合ひしめく全40チームの中でトップに輝いている。

Photo Credit: U.S. Army photo by Sgt. 1st Class Jacob Braman
優勝したのは、デービッド曹長とクオン一等軍曹のチーム。
写真はデービッド曹長と無線を使って通信しているクオン一等軍曹。マスターピース・アームズ(MasterPiece Arms)製スナイパーライフルシャーシを使っている。
デービッド曹長は「寝不足で初日は思うようなスタートが切れなかったが、休息をとってからようやくいい方向に動き始めた」と語っている。なお、両名とも任務に支障を来す理由からフルネームの公開はおこなわれていない。


Photo Credit: U.S. Army photo by Sgt. 1st Class Jacob Braman
「陸軍ジョン・F・ケネディ特殊作戦センター学校(John F. Kennedy Special Warfare Center and School)」と「第1特殊作戦訓練グループ(空挺)(1st Special Warfare Training Group (Airborne))」をホストとしたこの競技会。4泊5日の中で22種のイベントがおこなわれ、ドイツ、アイルランド、オランダ、フランス、イタリア、シンガポールの特殊部隊の他、国内からは海軍特殊作戦司令部、海兵隊スカウトスナイパー兵学校、陸軍スナイパー学校、第75レンジャー連隊からそれぞれ腕自慢のスナイパーチームが参加している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop