NEWS

ドイツH&K社が軍用向け「HK233」と.300BLK口径の「HK337」の製品紹介ページを公開

海外軍事

Photo from H&K
H&K社が軍用向けに新製品を追加している。G36を元にした「HK233」シリーズと、HK416A5をベースとした.300BLKのモデル「HK337」だ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「HK233」はこちらの民間向けモデルである「HK243 S TAR」を軍用向けとしたもの。

    HK243 S TAR / Photo from H&K

    いわゆる5.56mmNATO口径で18.9インチ銃身のものと、12.5インチ銃身の「K」モデルがある。

    Photo from H&K


    Photo from H&K

    それぞれハンドガードのトップ面はSTANAG 4694レール、下部は通常のピカティニーレールを搭載。専用の3倍スコープ、等倍のドットサイトがオプションとして用意されている。ストックはチークレストを備えた折り畳み・伸縮式のもの。

    HK337はHK416A5をベースに、より強力な.300BLK弾を使用するモデル。

    Photo from H&K

    銃身長・口径・動作方式を様々に取り揃えるのは、世界各地の公用機関への売り込みをするにあたっては重要なことであるが、モデル構成を複雑にすることは生産効率の低下を招く。近年のH&Kの業績は決してよいものではないだけに、こうした展開は不安になるところだ。

    参考:H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 - ミリブロNews

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201707
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop