国産の雄、ホーワの新型ボルトアクションライフル「HCR CHASSIS RIFLE」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連国内軍事関連

Photo from Legacy Sports International
ホーワ(HOWA)の新製品「HCR CHASSIS RIFLE」がSHOT SHOW 2017にて発表された。

ご覧の通りのタクティカルな仕様となっており、ホーワならではの高いクオリティが特徴だという。

口径は223Rem、243Win、6.5Creedmoor、308Winなどがラインナップされる。

Photo from Legacy Sports International
20あるいは24インチのスタンダード/ブルバレル、6061アルミ合金のフリーフロート+M-LOKスロットの入ったシャシー、6ポジションのバッファーチューブ(AR互換)、調整式のLUTH-AR MBA-3ストック、ERGO製のグリップなどが特徴。

パッケージにはNikko Stirlingの4-16x50スコープが同梱される。

Photo from Legacy Sports International
価格(MSRP)は1239〜1725USドルとのこと。

従来のホーワ製ライフルとは一線を画する現代的なライフルということで、SHOTSHOWの会場内でも話題となっていたようだ。

LEGASY SPORTSの製品ページ:http://www.legacysports.com/catalog/howa/howa-hcr-chassis-rifle/

Text: 乾宗一郎 - FM201701

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop