89式小銃タイプのGBB「T2189」が香港Octagon Airsoft(日本総代理ホビーショップいずも)より9月発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
27日、28日を会期に大阪ミナミ・アメリカ村で開催中のショットショージャパン会場で、「航宙自衛隊 制式小銃」と題したガスブローバック式エアソフト、「スペースブラスター(Space Blaster)T2189」が、2017年9月に発売されることが分かった。

香港・九龍を拠点とするオクタゴン・エアソフト&アクティヴィティーズ(Octagon Airsoft & Activities)をメーカーとし、希望小売価格は79,800円(税別)が示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    製品版については折曲銃床タイプではなく、固定銃床になるとのこと。今回展示のあったモックアップ状態は古いものとなっており、実際には既に踏み込んだ開発が進められている。

    製品名称にこそ示されていないが、明らかに形状は89式小銃(Howa Type 89)のそれとなるため、陸上自衛隊・89式小銃ファンにとっては外せない選択肢となりそうだ。

    なお、注目の新商品「T2189」の日本国内における総代理店は「ホビーショップいずも」となっており、その続報、詳報はミリブロ内同店公式ブログにて投稿予定となっている。

    ホビーショップいずも
    株式会社イズモアクティビティーズ
    http://hobbyizumo.militaryblog.jp/


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    第二次世界大戦中のポーランドの傑作拳銃「ラドム」が再生産開始
    射手の好みに応じて形状をカスタマイズできるAR-15用ピストルグリップ『Unique-Grip』
    屋外レンジで撃ちまくり! SHOT Show 2018の前哨戦であるINDUSTRY DAYが開催
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」
    サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表
     射手の好みに応じて形状をカスタマイズできるAR-15用ピストルグリップ『Unique-Grip』 (2018-01-24 09:40)
     屋外レンジで撃ちまくり! SHOT Show 2018の前哨戦であるINDUSTRY DAYが開催 (2018-01-24 01:33)
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     レイルに取り付けたアクセサリを片手で扱えるAR-15用グリップ「SMRT Direct Action Grip」 (2018-01-23 10:03)
     サロモンが米陸軍戦闘服規格(AR670-1)に準拠した8インチ丈のブーツ『Guardian』を発表 (2018-01-22 18:21)
     UMAREXから史上最強の50口径エアライフル「Hammer .50 caliber Air Rifle」が登場 (2018-01-22 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop