銃身の長さで命中精度はどのように変化するのかを教えてくれるアメリカ海兵隊の公式動画

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
身近な銃器・射撃に関する様々な疑問を取り上げ、実験するアメリカ海兵隊の公式動画シリーズ「Gunner Fact or Fiction」が、銃身長と命中精度の関係について語っている。
実験では14インチ銃身のM4A1 SOPMODと10.5インチ銃身のダニエル・ディフェンス製Mk.18を射撃している。
まずボルトアクションライフルで射撃し、基準となるグルーピングを計測。

Screenshot from YouTube video


Screenshot from YouTube video

その後、14.5インチ銃身、10.5インチ銃身のARでグルーピングを計測する。まず14.5インチから。

Screenshot from YouTube video


Screenshot from YouTube video

そして10.5インチ。

Screenshot from YouTube video

動画では銃身長によって初速は変化しても精度が悪化することはなく、精度は弾薬や射手の技量など無数のファクターが絡むため、銃身長だけで語ることはできない、と結論している。

動画から伺える限りではそれほど射程も長くないため、なおさら大きな変化を見出すことは難しいだろう。銃身長による初速の変化が問題となるような長距離では、もっと大きな違いが出てくるのではないだろうか。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop