台湾 ICS 社初のガスブローバックハンドガン「BLE-ALPHA」の動画

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
上下分割式メカボックスの電動ガンで知られる台湾のICS社が、同社初となるガスブローバックハンドガン「BLE-ALPHA」を開発、プロモーション動画を公開している。

BLE-ALPHAは同社オリジナルデザインのモデルだが「アルファ」という名称やスライド後部の形状などどことなくカラシニコフの新型拳銃PL-14と似た雰囲気を持っている。
本体はメタルスライドとポリマーフレームの組み合わせで構成されており、グロックのホルスターをそのまま使用可能とのこと。

スライドストップ、マガジンキャッチともにアンビ対応、バックストラップも2種類用意されるなどエルゴノミクスを重視しているほか、前部にはピカティニーレールが配され拡張性も高い。

装弾数は24発。動作ソースはフロンだが、CO2バージョンも提供される予定。カラーは黒・タン・黒スライド/タンフレーム・タンスライド/黒フレームの4種類で、実売価格は100ドル(約1万円)程度で流通している。

なおBLEは「Black Leopard Eye(黒ヒョウの瞳)」の意。型番から見るに、ブローバックハンドガンシリーズを示すもののようで、今後もオリジナルデザインのハンドガンがリリースされることが予想される。

「BLE-001-SB ALPHA GAS PISTOL BLACK」公式ページ
http://www.icsbb.com/product/ble-001-sb-alpha-gas-pistol-black/
※海外製エアソフトの場合、日本国内で適用される法律の違いに十分な注意が必要です。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201608
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
戦え!!ぴっちょりーな☆が聞いてきた!「バイアスロン」ってどんな競技?!
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
 戦え!!ぴっちょりーな☆が聞いてきた!「バイアスロン」ってどんな競技?! (2017-03-29 10:52)
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop