1980年「駐英イラン大使館占拠事件」を描く話題のSAS映画「6 Days」の公式トレーラー拡大版が公開中

映画・テレビ
1980年の「駐英イラン大使館占拠事件」を描くアクションスリラー映画『6 Days』。前回の投稿でも話題を呼んだ本作の公式トレーラーが、2分40秒近くもあるロング版となって公開されている。

関連記事:
英陸軍特殊部隊・SASが初めて公式デビューした「駐英イラン大使館占拠事件」を描く映画『6 Days』

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    1980年4月、6名の武装勢力がロンドンのプリンセス・ゲートにあるイラン大使館を攻撃し、26名の人質を奪った。それからの6日間、膠着状態が続く中で対テロ特殊部隊SASのメンバーは、来るべき「その時」に向けて着実に備えを進めていた。

    映画はバッキンガム宮殿の西側、老舗百貨店のハロッズなど高級品を扱う店舗がひしめく、世界有数の地価で知られる「ナイツブリッジ」周辺でおこなわれている。

    本作で脚本を務めたグレン・スタンドリング(Glenn Standring)氏は、大使館包囲攻撃に関するあらゆる聞き取り調査を実施し、作品造りの裏取りに心血を注いでいる。

    この映画の枠組みは、建屋の中に潜むテロリストに対して人質との交渉を主に担当していたマックス・ヴァーノン(Max Vernon)氏、BBCで事件を担当していた報道記者のケイト・アディー(Kate Adie)氏、SASアサルトチームのリーダーの1人であり包囲作戦終結の為に突入したラスティー・ファーミン(Rusty Firmin)氏と、当時を描写する上で不可欠な役割を果たす3人の視点から描かれている。

    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事画像
    全米ライフル協会が元ST6隊員ドム・ラアソ氏を起用した「NOIR」シリーズ特別企画のPVを公開
    ジェラルド・バトラー主演、LA犯罪サスペンス映画「ヒート」の流れを汲む映画『Den of Thieves』
    ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』
    イーサン・ホーク×「ジョン・ウィック」製作陣によるアクションスリラー映画『24 Hours to Live』
    香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開
    9.11同時多発テロ事件直後、秘密裏にアフガン派兵された米軍特殊部隊の活動を描く戦争映画『12 Strong』
    同じカテゴリー(映画・テレビ)の記事
     全米ライフル協会が元ST6隊員ドム・ラアソ氏を起用した「NOIR」シリーズ特別企画のPVを公開 (2017-10-31 14:50)
     ジェラルド・バトラー主演、LA犯罪サスペンス映画「ヒート」の流れを汲む映画『Den of Thieves』 (2017-10-31 14:30)
     ジャン=クロード・ヴァン・ダムが自分自身を演じるオリジナルコメディ作品『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』 (2017-10-26 18:42)
     イーサン・ホーク×「ジョン・ウィック」製作陣によるアクションスリラー映画『24 Hours to Live』 (2017-10-26 17:36)
     香港警察が俳優のマイケル・ウォンをナビゲーターに起用した特殊部隊「SDU」のPVを公開 (2017-10-23 14:37)
     9.11同時多発テロ事件直後、秘密裏にアフガン派兵された米軍特殊部隊の活動を描く戦争映画『12 Strong』 (2017-10-20 11:54)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop