映像のプロ集団がドイツ連邦警察と共に製作した特殊部隊「GSG-9」の広報映像

海外軍事映画・テレビ
ドイツのスマート・ブレンド・フィルムプロダクション(SMART-BLEND Filmproduktionen)社が今年1月末、連邦警察(BPOL: Bundespolizei )から請け負っていた特殊部隊「GSG-9」の広報映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ドイツ連邦警察GSG 9は、国内の人質救出やテロ行為を含めた深刻な暴力犯罪事案に対処する特殊部隊。その任務範囲には、外務機関の支援、国外での拉致・人質奪還の実施までも含まれている。

    連邦警察は、国内はもとより広く欧州全土の治安にも貢献しており、全体で41,000名の人員を抱えている。連邦警察からの公式発表こそないものの、GSG-9の初代司令官を務めたウルリッヒ・ヴェーゲナー(Ulrich Wegener)氏曰く、2017年現在で400名ほどの精鋭隊員で構成されているとのこと。

    映像は全体で4分強と、この種のPVとしては比較的長尺ながらも、映像製作のプロチームが手掛けただけあり、観る者を引き込むテンポ良い展開となっている。もちろん、GSG9の精鋭隊員が撮影に全面協力しているため見どころも満載だ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop