映像のプロ集団がドイツ連邦警察と共に製作した特殊部隊「GSG-9」の広報映像

海外軍事映画・テレビ
ドイツのスマート・ブレンド・フィルムプロダクション(SMART-BLEND Filmproduktionen)社が今年1月末、連邦警察(BPOL: Bundespolizei )から請け負っていた特殊部隊「GSG-9」の広報映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ドイツ連邦警察GSG 9は、国内の人質救出やテロ行為を含めた深刻な暴力犯罪事案に対処する特殊部隊。その任務範囲には、外務機関の支援、国外での拉致・人質奪還の実施までも含まれている。

    連邦警察は、国内はもとより広く欧州全土の治安にも貢献しており、全体で41,000名の人員を抱えている。連邦警察からの公式発表こそないものの、GSG-9の初代司令官を務めたウルリッヒ・ヴェーゲナー(Ulrich Wegener)氏曰く、2017年現在で400名ほどの精鋭隊員で構成されているとのこと。

    映像は全体で4分強と、この種のPVとしては比較的長尺ながらも、映像製作のプロチームが手掛けただけあり、観る者を引き込むテンポ良い展開となっている。もちろん、GSG9の精鋭隊員が撮影に全面協力しているため見どころも満載だ。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ
    米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか
    H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上
    FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開
    MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」
    米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ (2017-07-21 15:25)
     米海軍特殊部隊SEAL・SWCCに初の女性志願者。1名は元男性のトランスジェンダーか (2017-07-21 13:15)
     H&K社が1億7千万ユーロの赤字を計上 (2017-07-20 18:57)
     FBIが候補生の「最初の1週間」を紹介するリクルート動画を公開 (2017-07-20 18:36)
     MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」 (2017-07-20 12:42)
     米陸軍が改良版の新型「ジャングルブーツ」をフィリピン、タイで試験。熱帯地用の戦闘服も投入 (2017-07-19 19:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop