NEWS

米陸軍が評価試験中の車輌ガンナー用「追加装甲仕様」に特徴を持つ新型ヘルメット

海外軍事 Comments(0)

Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment
米陸軍で評価試験が進められている新型の「統合頭部防護システム(IHPS: Integrated Head Protection System)」の写真が公開された。

Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment


Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment
これらは、陸軍全般への支給を前に、「人的要因評価(HFE: Human Factor Evaluations)」と呼ばれる、一部の現役兵士らの間でその使用感が評価されたもので、兵士によるフィードバックをおこなうことで、机上で算出されたものからの補正をおこない、実用的な開発を目指している。


Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment
公開された写真は、兵士防護個人装備(SPIE: Soldier Protection and Individual Equipment)の中で最新アイテムの1つとして示されており、提案されたこのヘルメットは、車輌上のタレットでガンナーを務める兵士の頭部を局所的に防弾効果を高めるため「追加装甲仕様」となっているのが特徴。

また、次世代ヘルメットで象徴的とも言える追加仕様となったフェイスシールドも備えていることが分かる。
(1枚目の写真参照)

関連記事:
米陸軍が液晶ディスプレイ技術を投じた新たなアイウェアの導入を計画。将来的には派兵時に全支給か


Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment


Photo from Project Manager - Soldier Protection & Individual Equipment
加えて女性兵士が髪を束ねた際の「シニヨン(ポニーテールを丸くまとめたもの)」にも対応するよう計測をおこない、ヘルメットデザインの改良を図っている様子も確認できる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop