NEWS

イランがロシアの AK-103 アサルトライフルを購入

海外軍事

Photo: via Wikimedia Commons
イランのタスニム (TASNIM) 通信社は、イランがロシアから AK-103 ライフルを輸入し、幾つかの部隊へ配備する計画にあるとした独占記事を報じた。

一報を聞きつけた海外メディアでは、「イラン国防軍がカラシニコフグループとの間で 30 発装弾の弾倉と共に AK-103 を購入する契約を結んだ」と追従している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AK-103 は、NATO 加盟諸国の軍隊で広く使用されている 5.56×45 mm 弾や旧ソ連製 5.45×39 mm 弾を上回る貫通力を持つ、7.62×39 mm 弾を使用するフルサイズのアサルトライフルであり、ロシアの法執行機関特殊部隊などで使用されている。また、ロシア国外では、リビア、パキスタン、ベネズエラ、インドに供給され、エチオピア、ベトナム、ベネズエラではライセンス生産がおこなわれている。

    一方のイラン国防軍では、様々なライフルが製造されているとされるが、タスニムによると、最も一般的なのはカラシニコフ式の小銃やヘッケラー&コッホ G3 とされる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop