NEWS

イランがロシアの AK-103 アサルトライフルを購入

海外軍事

Photo: via Wikimedia Commons
イランのタスニム (TASNIM) 通信社は、イランがロシアから AK-103 ライフルを輸入し、幾つかの部隊へ配備する計画にあるとした独占記事を報じた。

一報を聞きつけた海外メディアでは、「イラン国防軍がカラシニコフグループとの間で 30 発装弾の弾倉と共に AK-103 を購入する契約を結んだ」と追従している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AK-103 は、NATO 加盟諸国の軍隊で広く使用されている 5.56×45 mm 弾や旧ソ連製 5.45×39 mm 弾を上回る貫通力を持つ、7.62×39 mm 弾を使用するフルサイズのアサルトライフルであり、ロシアの法執行機関特殊部隊などで使用されている。また、ロシア国外では、リビア、パキスタン、ベネズエラ、インドに供給され、エチオピア、ベトナム、ベネズエラではライセンス生産がおこなわれている。

    一方のイラン国防軍では、様々なライフルが製造されているとされるが、タスニムによると、最も一般的なのはカラシニコフ式の小銃やヘッケラー&コッホ G3 とされる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop