NEWS

2018 年での実現は?米軍の次世代「アイアンマン」構想

海外軍事 Comments(0)
先端科学を紹介する米国の専門ニュースチャンネル「未来志向 (Futurism) 」が、米軍の「アイアンマン計画」こと「タロス (TALOS: Tactical Assault Light Operator Suit) 」を紹介するトレーラーを公開した。

2015 年 2 月に既報の通り、リヴィジョン・ミリタリー (Revision Military) 社が公開した映像をベースにしたもので、TALOS 計画で盛り込まれる予定の各項目に関して、分かり易いキャプションを添えて紹介している。

関連記事:
Revision Military 社、近未来の兵士像を描いたプロモーションムービーを公開
TALOS で描かれるロボティック・アーマーはバッテリー駆動となり、戦場に展開する兵士を防護するようデザインとなる。また、スーツについては、液体防弾装備「リキッドアーマー」の計画が盛り込まれている。

関連記事:
ポーランド研究機関で液体防弾装備「リキッドアーマー」が開発中

加えて、兵士の視覚能力の向上と通信機能を備えたヘルメットや、心拍数・体温など兵士の状況を追跡レポートするスーツセンサーなど、先進技術の粋を集めた開発が進められている。米陸軍によれば、この革新的計画は目下開発中とのこと。

2014 年当時、実現に向けては「懐疑的な目を向けられている」との報道と併せて、「56 の 企業と、16 の政府系組織、13 の大学機関、10 の研究所の参画」と「2018 年までに特殊部隊員への配備を始めたい」ことが示されている。

関連記事:
米軍次世代「アイアンマン」構想、TALOS 公式サイトと参画団体が公表。実現に懐疑的な見方も

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop