NEWS

2018 年での実現は?米軍の次世代「アイアンマン」構想

海外軍事
先端科学を紹介する米国の専門ニュースチャンネル「未来志向 (Futurism) 」が、米軍の「アイアンマン計画」こと「タロス (TALOS: Tactical Assault Light Operator Suit) 」を紹介するトレーラーを公開した。

2015 年 2 月に既報の通り、リヴィジョン・ミリタリー (Revision Military) 社が公開した映像をベースにしたもので、TALOS 計画で盛り込まれる予定の各項目に関して、分かり易いキャプションを添えて紹介している。

関連記事:
Revision Military 社、近未来の兵士像を描いたプロモーションムービーを公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    TALOS で描かれるロボティック・アーマーはバッテリー駆動となり、戦場に展開する兵士を防護するようデザインとなる。また、スーツについては、液体防弾装備「リキッドアーマー」の計画が盛り込まれている。

    関連記事:
    ポーランド研究機関で液体防弾装備「リキッドアーマー」が開発中

    加えて、兵士の視覚能力の向上と通信機能を備えたヘルメットや、心拍数・体温など兵士の状況を追跡レポートするスーツセンサーなど、先進技術の粋を集めた開発が進められている。米陸軍によれば、この革新的計画は目下開発中とのこと。

    2014 年当時、実現に向けては「懐疑的な目を向けられている」との報道と併せて、「56 の 企業と、16 の政府系組織、13 の大学機関、10 の研究所の参画」と「2018 年までに特殊部隊員への配備を始めたい」ことが示されている。

    関連記事:
    米軍次世代「アイアンマン」構想、TALOS 公式サイトと参画団体が公表。実現に懐疑的な見方も

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop