NEWS

イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ

海外軍事 Comments(0)

Photo from SIG Sauer


Photo: The new Sahayetet 13 vest via Israeli Ynet
イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13(Shayetet 13)」が、新型の多用途ベストと併せて、シグ・サワー社製「MCXライフル」を受領することが分かった。国内大手ネットニュースメディアのYネットが報じている。
シャイェテット13は、イスラエル軍きっての秘匿部隊の1つと言われ、海から地上へ侵攻し、カウンターテロ、破壊工作、海上の情報収集や人質救出などを専門に扱うエリート部隊。

Photo from SIG Sauer
一方のSIG MCXは、コンパクトでバレル交換によって300BLK / 5.56 NATO / 7.62x39mmといった複数の弾薬の使用を可能とするマルチキャリバーライフル。ローテーティング・ボルトシステム、ショートストローク・ピストン、2ポジション・ガスシステムといった特徴を持つ。射手の利き腕の左右に関係なく操作ができるよう完全アンビ化されている他、サプレッサーとの相性を高めたデザイン設計となっている。また、銃本体のトップ部分にピカティニー規格のレイルとハンドガードにKeyMod、そしてストック部分には英国など欧州の警察関係機関でよく見掛けるスケルトン状の折り畳み式が採用されている。同社はMCXについて「究極のモダンライフル」「真の意味でミッション内容に即した順応性を持つ初のウェポンシステムだ」と触れ込んでいる。

今回のシグMCXライフルの調達については、錬度の高い選抜射手の間で現在使用されている5種類のライフルをリプレイスする目的で、数ヶ月以内に受領する見込みであることが示されている。使用する火器を減らすことで、訓練時間の短縮・効率化を図る狙いがあるという。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop