NEWS

イスラエル装備メーカー「マロム・ドルフィン社」がフィリピン軍特殊部隊向け装備の供給事業者に

海外軍事

Screen shot from MAROM Dolphin
フィリピンが、対テロ活動に従事する特殊部隊に向けて、新たな装備をイスラエルのメーカーから調達することが分かった。
国内紙の報道によると、イスラエルで軍納入実績を引き下げるマロム・ドルフィン社(MAROM Dolphin LTD)が、5,350万ペソ(=約30億円)の調達契約を勝ち取ったことが示されている。
対象は軍統合特殊作戦グループ(JSOG: Joint Special Operations Group)で使用する部隊防護装備(FPE: Force Protection Equipment)となり、今年の第二四半期にデリバリーされる見込み。

統合特殊作戦グループは、陸軍軽偵察連隊、海軍特殊作戦グループ、空軍特殊作戦ウィングなどで構成される。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop