イタリア国家憲兵「カラビニエリ」が「ベレッタ M12」からのリプレイスで新型サブマシンガン『PMX』を発注

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Beretta Defense Technologies.
イタリア国家憲兵「カラビニエリ(Carabinieri)」総司令部が、国産ベレッタ製の新型短機関銃「PMX」×1,000挺を発注していたことが分かった。欧州連合の入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)によると、816,000ユーロ(=約1億1,000万円)の案件になることが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Milano Corriere
    PMXは、1961年から制式採用され現在までに生産を終えている「ベレッタ M12(M12S/PM12-S)」短機関銃からのリプレイスを図る為に開発された後継機。昨年、2017年にフランス・パリで開催された国際武器展示会「ミリポル(Milipol)」でデビューしている。


    Photo from Beretta Defense Technologies.

    PMXの製品諸元は以下の通り。
    Beretta PMX Submachine Gun
    * Weight (Unloaded): 5.3lbs (2.4 kg)
    * Caliber: 9x19mm
    * Barrel Length: 6.9in. (175 mm)
    * Magazine Capacity: 30Rds
    * Locking System: Blowback
    * Operating System: Semi-auto and Full-auto


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop