板妻駐屯地の創立55周年記念行事で第34普通科連隊が小銃・拳銃を使った至近距離射撃訓練を展示

国内軍事関連 Comments(0)
4月16日、静岡県御殿場市の板妻駐屯地で創立55周年記念行事がおこなわれ、およそ8,100名の来場者が訪れた。

満開の桜の中、第一師団隷下の第34普通科連隊が、小銃および拳銃を使った至近距離射撃訓練の展示をおこなっている。脅威レベルや射手の置かれている環境・状況に応じた射撃姿勢とその特徴および一連の所作を解説している。89式小銃のセレクター操作に特化した、人差し指と親指を添える特徴的なピストルグリップ部の握り方とその動きにも注目。
また、護身術講座もおこなわれており、悪党に腕を掴まれた際の対処方法や、拳銃を突き付けられた時の対応も展示された。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介 (2018-08-06 18:58)
 豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
 ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
 ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
 田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
 陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop