陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か

海外軍事国内軍事関連
米フロリダ州タンパで、21日から24日を会期として『特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)2018』が開催。恒例のベイエリアを舞台に、「国際特殊作戦部隊能力展示(International Special Operations Forces Capabilities Demonstration)」がおこなわれた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screenshot from DefenseWebTV YouTube channel
    現地入りした大手軍事ニュースサイト「ディフェンスウェブ」が撮影した映像の冒頭20秒付近に、陸上自衛隊『特殊作戦群(SFGp: Special Forces Group)』の徽章付きベレー帽を被った人物が映り込んでいた。


    Photo from Japan Ground Self-Defense Force
    陸上自衛隊では今年3月末付けで新制服の運用を始めているが、その「略帽」と色味こそ同じながらも、貼り付けられた徽章は一般的な「桜」のデザインではなく、日の丸と剣、鳶、榊を組み合わせた「特殊作戦徽章」となっている。

    また中央左奥にも同じく陸自迷彩を着用した人物が確認でき、ほんの僅かではあるが空挺と幹部レンジャー徽章が映り込んでいる。加えて右奥には韓国海軍特殊部隊「UDT/SEAL」の徽章を付けた人物が視察する様子も確認できる。

    以上のことからも、陸上自衛隊の特殊作戦群本部・第3科(作戦・運用系)の幹部が研修と交流を兼ねて視察に行ったことが推察される。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop