駐屯地記念行事の訓練展示でタイヤが脱落した陸上自衛隊の 96 式装輪装甲車

国内軍事関連
11 月 13 日に大分県の陸上自衛隊玖珠 (くす) 駐屯地でおこなわれた 59 周年記念行事において、訓練展示中に 96 式装輪装甲車の右前輪が、段差の衝撃によって脱落。その瞬間を捉えた映像が YouTube 上に投稿された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    投稿者によると、車輌は停止後バックを試みたものの動けず、立ち往生していたとのことで、その後カバーを被せられて規制線が張られていたことが明かされている。

    96 式装輪装甲車は、8 本のコンバットタイヤを備えた隊員輸送の装輪装甲車。主に、普通科部隊などに装備し、作戦機動に引き続き、敵の脅威下に戦場機動して人員輸送などに使用する。

    高速機動力を有し、接敵機動および敵の火力脅威下における戦場機動に優れている。車体後部に 8 名の隊員を乗せることができる。(乗員は 10 名)

    製造は小松製作所。

    96 式装輪装甲車の諸元および性能は以下の通り。

    乗員:10 名
    全備重量:約 14.5 トン
    全幅:2.48 メートル
    全高:1.85 メートル
    最高速度:時速 100 キロメートル
    エンジン:水冷 4 サイクル 6 気筒
    ディーゼル機関:360PS / 2,200rpm
    武装:96 式 40mm 自動てき弾銃または 12.7mm 重機関銃×1


    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop