陸上自衛隊 補給統制本部の入札・見積書に「コンバットシャツ」が計上。国際活動を見据えた試験用途か

国内軍事関連

Photo by Military Blog
※写真はイメージ挿入です。本文と直接関係ありません。
陸上自衛隊の補給統制本部 (GMCC: Ground Materiel Control Command) が示した入札・見積書 (調達要求番号: 61TT1AS0015、契約実施計画番号: 61TJ14V00720) の中に、「コンバットシャツ」が盛り込まれていることが分かった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Image: via Ground Materiel Control Command (GMCC)
    PDF データは 12 月 9 日付けで作成されたもので、資料中に提示されたコンバットシャツについては「国際活動用」となることが示されており、ジブチなどでの利用が想像できるものとなっている。


    Photo: via AASAM FaceBook
    今春にオーストラリアで開催された国際催射撃競技会「AASAM (Australian Army Skill at Arms Meeting) 」において、試作品と思われる陸自迷彩を使ったコンバットシャツを着用する隊員の姿が確認されている。
    関連記事:
    豪陸軍主催、国際催射撃競技会 (AASAM) に参加する陸上自衛隊隊員の目新しいアイテム

    また、サイズは M、L、LL の 3 種類が計上されており、いずれも「改善検討器材」の名目での仕様違いと思われる、「A」「B」2 種類が計上されている。

    なお、この A、B 2 種それぞれのタイプにおいて、各サイズが同数量で計上されていることから、同じ人の手に渡され、テストに供されることが想像できる。

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop