NEWS

トヨタ製ランドクルーザーをベースに改良されたジャンケル「フォックス」がベルギー国家記念日パレードで展示

海外軍事

Photo from Jankel Armouring Ltd
This photo is for illustration purposes only.
7月21日、国家記念日を迎えたベルギーで、軍、警察、消防、救急などによる記念パレードがおこなわれ、その一団にトヨタ製ランドクルーザー(TOYOTA Land Cruiser)をベース車輌に開発された英国ジャンケル・アーマリング(Jankel Armouring Ltd)製の「フォックス(FOX)」緊急対応車両(RRV: Rapid Response Vehicle)の姿があった。(写真は過去のもの)

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ジャンケル社はパレード参加に先立ち、「国家記念日という晴れの舞台において、王宮前を当社の納品した車輌が通過する姿はこの上ない名誉だ」「フォックスは、トヨタの熟練した自動車技術・高い信頼性と、当社の軍用規格に即した防護技術および高度な地形パフォーマンスを結び付けた賜物だ」とコメントを寄せている。


    Photo from Jankel Armouring Ltd
    ベルギー政府は2015年12月、陸軍でこれまで運用されてきたフォルクスワーゲン製ジープ「イルティス (Iltis)、=ケナガイタチ 」のリプレイスを図ることを目的として、フォックス×108輌の導入を承認している。

    ジャンケルFOXは、トヨタ・ランドクルーザーのピックアップ版をミリタリー仕様に改良したもので、7.62mm軽機関銃や12.7mm重機関銃、または40mm自動擲弾銃での武装を可能とし、防弾性能を備えている。緊急対応と遠征任務での利用の為、陸軍の軽旅団に割り当てられている。

    関連記事:
    ベルギー陸軍、英国ジャンケル社によるミリタリー仕様のトヨタ・ランドクルーザーを導入へ

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     入浴中、飲酒、強盗、空き巣…3ヶ年で2,200挺が行方不明。ずさん過ぎる南アフリカの警察官による銃火器管理体制 (2017-10-20 14:38)
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop