NEWS

ジャンケルが市販車に取り付けることができる新型装甲ユニットを開発

海外軍事

Photo from Jankel Armouring Limited
This photo is for illustration purposes only.
自動車パーツメーカーのジャンケル(Jankel)は、市販車に取り付けることができる、最新のIEDプロテクションを開発したと発表した。

既存の自動車にこのプロテクションを取り付けることで、4メートル四方で発生した15kgの爆風から搭乗者を守ることができるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    他の会社の製品の中には、2メートル四方で15kgの爆風に耐えるものもあるが、特殊な加工が必要であったり、条件が厳しいものもある。(ジャンケルは、2メートル四方で発生した25kgの爆風にも耐えることができるプロテクションを開発している)

    さらに、自動車の強度を測るAEP-55 Vol 3側面爆風試験(最大条件)にも合格しているだけでなく、NATOの装甲車に用いられる試験AEP-55 STANAG 4569も行い、良好な結果を得たという。このNATOの試験は、IEDのみならず、砲撃や激しい衝突などにも耐えることができるものだという。

    Text: 友清仁 - FM201702

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が新しいエネルギー源を発見か?
    「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催
    豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中
    台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示
    米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が新しいエネルギー源を発見か? (2017-08-23 19:17)
     「グリーンベレー」の父の日常を体験。第9回年次「キッズQコース」が開催 (2017-08-23 19:03)
     豪国防省が陸上戦闘員での導入に向け、MAWASHI社の背骨形状エクソスケルトン「UPRISE」を研究中 (2017-08-23 15:08)
     台湾が台北航空宇宙&防衛技術展で9x19mmの国産サブマシンガン「XT107」を展示 (2017-08-23 12:19)
     米海兵隊がM4カービンからのリプレイスを企図し、M27 IAR×5万挺余りの追加調達を計画 (2017-08-22 13:50)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop