NEWS

ジャンケルが市販車に取り付けることができる新型装甲ユニットを開発

海外軍事

Photo from Jankel Armouring Limited
This photo is for illustration purposes only.
自動車パーツメーカーのジャンケル(Jankel)は、市販車に取り付けることができる、最新のIEDプロテクションを開発したと発表した。

既存の自動車にこのプロテクションを取り付けることで、4メートル四方で発生した15kgの爆風から搭乗者を守ることができるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    他の会社の製品の中には、2メートル四方で15kgの爆風に耐えるものもあるが、特殊な加工が必要であったり、条件が厳しいものもある。(ジャンケルは、2メートル四方で発生した25kgの爆風にも耐えることができるプロテクションを開発している)

    さらに、自動車の強度を測るAEP-55 Vol 3側面爆風試験(最大条件)にも合格しているだけでなく、NATOの装甲車に用いられる試験AEP-55 STANAG 4569も行い、良好な結果を得たという。このNATOの試験は、IEDのみならず、砲撃や激しい衝突などにも耐えることができるものだという。

    Text: 友清仁 - FM201702

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop