NEWS

ジャンケルが市販車に取り付けることができる新型装甲ユニットを開発

海外軍事

Photo from Jankel Armouring Limited
This photo is for illustration purposes only.
自動車パーツメーカーのジャンケル(Jankel)は、市販車に取り付けることができる、最新のIEDプロテクションを開発したと発表した。

既存の自動車にこのプロテクションを取り付けることで、4メートル四方で発生した15kgの爆風から搭乗者を守ることができるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    他の会社の製品の中には、2メートル四方で15kgの爆風に耐えるものもあるが、特殊な加工が必要であったり、条件が厳しいものもある。(ジャンケルは、2メートル四方で発生した25kgの爆風にも耐えることができるプロテクションを開発している)

    さらに、自動車の強度を測るAEP-55 Vol 3側面爆風試験(最大条件)にも合格しているだけでなく、NATOの装甲車に用いられる試験AEP-55 STANAG 4569も行い、良好な結果を得たという。このNATOの試験は、IEDのみならず、砲撃や激しい衝突などにも耐えることができるものだという。

    Text: 友清仁 - FM201702

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop