NEWS

米統合特殊作戦司令部 (JSOC) に 9.11 同時多発テロ事件と所縁ある素材を使った記念碑が建立

海外軍事

Image: via Joint Special Operations Association (JSOA)
最も秘匿の任務に就いていた退役米軍人らの手によって、志半ばで散った仲間を追悼する荘厳な記念碑が、ノースカロライナ州フォートブラッグの統合特殊作戦司令部 (JSOC: Joint Special Operations Command) の下で製作中。今年後半に予定されているお披露目に先立って、来る 10 月 22 日 (土) には関係者に向けた竣工式がおこなわれる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    2013 年から取り組みがおこなわれてきたこの記念碑には、現在進行形のテロとの戦いの原点ともいえる、2001 年 9 月 11 日の米国同時多発テロ事件の際に倒壊したワールドトレードセンターの鉄骨や、国防総省の建物に使われていた石灰岩、ユナイテッド航空 93 便テロ事件の現場で回収された土壌、岩石などが使われる。

    また、壁面には 1980 年の JSOC 創設から現在に至る中で、自らの生命を賭して仲間の為に散った "ゴールドスター" 150 柱が刻まれる。

    JSOC は、特殊作戦における要件や技術、相互運用性の確保、装備の標準化、訓練の計画と実施、戦術開発などの研究が表向きの使命となっているが、その実態は公の下で殆ど語られることが無い秘匿の存在となっている。

    JSOC は 12 月 15 日に創設から 36 年を迎える。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop