エアソフトメーカーKSCの新製品にシステム7搭載のガスブローバックピストル「M9A3」が登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
16日(日)に東京都立産業貿易センター台東館でAPSカップと同時開催となった展示販売会の席上で、国内エアソフトメーカーであるKSCが、その次期新製品として「M9A3」を発表した。

サプレッサー対応状態の展示や、年末または次年度初頭にリリースされる見込みであることも併せて紹介されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    KSCが鋭意製作中としているM9A3は、ベレッタ社が「技術変更提案(ECP: Engineering Change Proposal)」として完成させた実銃M9の最終形態。「システム7」を搭載したガスブローバックモデルとなり、展示パネルには下記の特色を持つことが示されていた。

    KSC M9A3スペック:
    ・強化型スライド
    ・スレッドバレル&プロテクター(14㎜逆ねじ仕様)
    ・大型3ドットサイト
    ・ポリマー製リコイルSPガイド
    ・改良型マニュアルセフティ
    ・20㎜汎用型アンダーレイル
    ・滑り防止チェッカー型フレーム
    ・大型マガジンキャッチ
    ・大型マグバンパー


    Photo from Beretta M9A3 Gallery
    既報の通り、ベレッタ社は米陸軍の次期ピストルを決める「XM17 MHS(Modular Handgun System)」コンペに向けてM9A3を提出している。視認性を低減させるアーストーンに仕上げられた外観が印象的なこのM9A3は、これまで30年に及び「米軍制式ピストル」に座位してきたM9ピストルからオペレーション時の効率性と能力向上を図るため、十数箇所におよぶ各種改良が施されている。

    関連記事:
    ベレッタ USA、米軍次期正式トライアルに向けたピストル「M9A3」を発表

    しかし、同社の意気込みとは裏腹にコンペの中では早々に落選が伝えられ、最終の決選投票にまでは勝ち上がれずにいた。米軍採用に至らなかったM9A3は、2015年11月より民間市場に向けた販売がおこなわれている。

    関連記事:
    米陸軍 次期ハンドガン選定でベレッタ M9A3 ピストルが検討候補から脱落か
    ベレッタ M9A3 ピストル、米国の小売店での販売に向けてシッピング開始

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop