NEWS

カラシニコフ社の新型軽機関銃「RPK-16」

海外軍事

Photo: RPK-16 / Concern "Kalashnikov"
カラシニコフ社 (Kalashnikov Concern) が、新たな軽機関銃を開発している。同社の最高経営責任者 (CEO) であるアレクセイ・クリボルチコ (Alexei Krivoruchko) 氏が 1 日、タス通信のインタビューに答えた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今日の戦闘現場での経験を踏まえて開発された、5.45mm 弾を使う「RPK-16 (РПК-16) 」軽機関銃は、交換式バレルによって、ロング版では機関銃として、またショート版ではアサルトライフルとしての使い方も可能とのこと。

    РПК-16

    また 96 発に装弾数がアップしたドラムマガジン、または 30 発の通常マガジンに対応しており、現行の RPK-74 軽機関銃からの潜在的なリプレイス候補になるとみられ、同社では軍用途での運用に期待を寄せている。

    RPK-16 は、モスクワ郊外クビンカの軍事公園「パトリオット」において、9 月 6 日から 11 日の会期でおこなわれる国際軍事技術フォーラム「アルミヤ (軍隊) 2016, Army 2016」での展示が予定されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop