NEWS

カラシニコフ社の新型軽機関銃「RPK-16」

海外軍事 Comments(0)

Photo: RPK-16 / Concern "Kalashnikov"
カラシニコフ社 (Kalashnikov Concern) が、新たな軽機関銃を開発している。同社の最高経営責任者 (CEO) であるアレクセイ・クリボルチコ (Alexei Krivoruchko) 氏が 1 日、タス通信のインタビューに答えた。
今日の戦闘現場での経験を踏まえて開発された、5.45mm 弾を使う「RPK-16 (РПК-16) 」軽機関銃は、交換式バレルによって、ロング版では機関銃として、またショート版ではアサルトライフルとしての使い方も可能とのこと。

РПК-16

また 96 発に装弾数がアップしたドラムマガジン、または 30 発の通常マガジンに対応しており、現行の RPK-74 軽機関銃からの潜在的なリプレイス候補になるとみられ、同社では軍用途での運用に期待を寄せている。

RPK-16 は、モスクワ郊外クビンカの軍事公園「パトリオット」において、9 月 6 日から 11 日の会期でおこなわれる国際軍事技術フォーラム「アルミヤ (軍隊) 2016, Army 2016」での展示が予定されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop