カラシニコフ・メディアがレベデフPL-15拳銃のコンパクトモデル「PL-15K」の動画を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
カラシニコフの新型拳銃「PL-15」は9x19 mm口径で軍・警察向けを想定して開発中。インナーハンマー方式のダブルアクションオンリーで、低く押さえられた全高によって銃口の跳ね上がりが抑えられるなど現代的な設計となっている。

これをコンパクト化したのが「PL-15K」で、こちらは2017年8月に試射を開始したばかり。動画中では設計者のレベデフ氏自身が「99%の人が職務中に拳銃を抜いたことがないので、精度よりもコンパクトさを優先した」とコメントしているように、全長180mm、重さ720gはライバルとなるグロック19(174mm)とほぼ同等、装弾数も14+1発を確保している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    こちらは銃器写真家Lazarev氏のYouTubeチャンネルの実射動画。前半はサイレンサーとライトをつけたPL-15、後半でPL-15Kを射撃している。全高の低さとあいまって相当にコンパクトな拳銃だ。

    Стрельба из Пистолета Лебедева ПЛ-15! LIVE! LAZAREV TACTICAL - YouTube

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201710
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop