カラシニコフ・メディアがレベデフPL-15拳銃のコンパクトモデル「PL-15K」の動画を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
カラシニコフの新型拳銃「PL-15」は9x19 mm口径で軍・警察向けを想定して開発中。インナーハンマー方式のダブルアクションオンリーで、低く押さえられた全高によって銃口の跳ね上がりが抑えられるなど現代的な設計となっている。

これをコンパクト化したのが「PL-15K」で、こちらは2017年8月に試射を開始したばかり。動画中では設計者のレベデフ氏自身が「99%の人が職務中に拳銃を抜いたことがないので、精度よりもコンパクトさを優先した」とコメントしているように、全長180mm、重さ720gはライバルとなるグロック19(174mm)とほぼ同等、装弾数も14+1発を確保している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    こちらは銃器写真家Lazarev氏のYouTubeチャンネルの実射動画。前半はサイレンサーとライトをつけたPL-15、後半でPL-15Kを射撃している。全高の低さとあいまって相当にコンパクトな拳銃だ。

    Стрельба из Пистолета Лебедева ПЛ-15! LIVE! LAZAREV TACTICAL - YouTube

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201710
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop