NEWS

カラシニコフ社がロシア軍の特殊部隊に向けて強襲用途などのボートのデリバリーを開始

海外軍事
カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) が、ロシア国防省隷下の特殊部隊に向けて、戦闘グループの一団を形成するに当たり用いられる輸送・揚陸・強襲用ボートのデリバリーを始めた。

関連記事:
カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    同社の最高経営責任者 (CEO) であるアレクセイ・クリボルチコ (Alexei Krivoruchko) 氏によると、「ボートは 2015 年に試験を通過しており、陸軍によって採用されている」とのこと。最新のボート製品については、昨年サンクトペテルブルクで開催された国際海洋防衛展示会 (IMDS: International Maritime Defence Show) の席上で初お披露目となっている。


    Photo: via Kalashnikov Concern
    BK-10 アサルトボートについては、10 名の兵員を積載することが可能。また、輸送・揚陸用の BK-16 では、2 名の船員によって 17 名の兵員輸送を可能としている。いずれも速度は 40 ノットに達し、航続距離は 400 マイルとなっている他、7.62mm 機関銃や、12.7mm 機関銃、40mm 自動擲弾銃といった兵装を戦闘任務の用途に応じて取り換え可能としている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop