NEWS

カラシニコフ社がロシア軍の特殊部隊に向けて強襲用途などのボートのデリバリーを開始

海外軍事 Comments(0)
カラシニコフ・コンツェルン (Kalashnikov Concern) が、ロシア国防省隷下の特殊部隊に向けて、戦闘グループの一団を形成するに当たり用いられる輸送・揚陸・強襲用ボートのデリバリーを始めた。

関連記事:
カラシニコフ社、UAV と小型船の製造会社を取得
同社の最高経営責任者 (CEO) であるアレクセイ・クリボルチコ (Alexei Krivoruchko) 氏によると、「ボートは 2015 年に試験を通過しており、陸軍によって採用されている」とのこと。最新のボート製品については、昨年サンクトペテルブルクで開催された国際海洋防衛展示会 (IMDS: International Maritime Defence Show) の席上で初お披露目となっている。


Photo: via Kalashnikov Concern
BK-10 アサルトボートについては、10 名の兵員を積載することが可能。また、輸送・揚陸用の BK-16 では、2 名の船員によって 17 名の兵員輸送を可能としている。いずれも速度は 40 ノットに達し、航続距離は 400 マイルとなっている他、7.62mm 機関銃や、12.7mm 機関銃、40mm 自動擲弾銃といった兵装を戦闘任務の用途に応じて取り換え可能としている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop