NEWS

サウジアラビアがカラシニコフ製アサルトライフルの製造に関する「初期ライセンス契約」を締結

海外軍事

Photo from Concern Kalashnikov
新たな契約締結の下、サウジアラビアがロシアのアイコン的存在であるカラシニコフのライフルを製造することになることが分かった。

ロシア国営兵器輸出企業である「ロスオボロンエクスポルト(Rosoboronexport)」社は5日、「サウジアラビア軍事産業(SAMI: Saudi Arabian Military Industries)」との間で、カラシニコフ(Kalashnikov Concern)製アサルトライフルの製造に関する「初期ライセンス契約」を交わしたことを明かした。契約には「AK-103」アサルトライフルと弾薬を多種多様な目的のために製造することが記されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    AK-103は、NATO加盟諸国の軍隊で広く使用されている 5.56×45mm弾や旧ソ連製5.45×39mm弾を上回る貫通力を持つ、7.62×39mm弾を使用するフルサイズのアサルトライフルであり、ロシアの法執行機関特殊部隊などで使用されている。また、ロシア国外では、リビア、パキスタン、ベネズエラ、インドに供給され、エチオピア、ベトナム、ベネズエラではライセンス生産がおこなわれている。

    一連の報道によると、今回の契約締結は、兵器の生産体制を強化し、その過程の中で1,700もの雇用を創出したい考えのカラシニコフ社が、民間部門の投資を誘致しようとしていたことから始まっているとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop