カラシニコフ社 取り回しがよくなったカービンタイプ「AK-12K」と「AK-15K」を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ロシアを代表する自動小銃、AKシリーズの最新モデル「AK-12」は2012年ごろからよく報道されるようになった。当時は従来のAKシリーズから一新された操作系を持っていたが、2016年に大幅に改修され、以前のAK-74とほぼ同一のものに戻るなどしていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回、ロシアで行われた見本市ではカービンバージョンである「AK-12K」と「AK-15K」が公開されている。外見はほとんど変化がないが、ガスブロックの固定位置が変更されて整備性が向上し、アッパーレシーバーカバー後方にピカティニーレイルを介して取り付けられたアパチュア式のリアサイトは工具なしでヴィンデージ・エレベーションとも変更できる。ストックは伸縮式に変更になったため、クリーニングキットはグリップ内、クリーニングロッドはストックパイプ内に収納されるようになった。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop