カラシニコフ社 取り回しがよくなったカービンタイプ「AK-12K」と「AK-15K」を公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
ロシアを代表する自動小銃、AKシリーズの最新モデル「AK-12」は2012年ごろからよく報道されるようになった。当時は従来のAKシリーズから一新された操作系を持っていたが、2016年に大幅に改修され、以前のAK-74とほぼ同一のものに戻るなどしていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今回、ロシアで行われた見本市ではカービンバージョンである「AK-12K」と「AK-15K」が公開されている。外見はほとんど変化がないが、ガスブロックの固定位置が変更されて整備性が向上し、アッパーレシーバーカバー後方にピカティニーレイルを介して取り付けられたアパチュア式のリアサイトは工具なしでヴィンデージ・エレベーションとも変更できる。ストックは伸縮式に変更になったため、クリーニングキットはグリップ内、クリーニングロッドはストックパイプ内に収納されるようになった。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop