NEWS

西側の7.62×51mm弾薬を使用するカラシニコフ「AK-308」のプロトタイプが公開

海外軍事 Comments(0)

Image from Kalashinikov YouTube video
東西冷戦の名残りから、西側・東側で使用される銃や弾薬は、それぞれの同盟国の間ではおおよそ同じものとなる。しかし今回カラシニコフ社がプロトタイプを展示したAK-308は、伝統的なAKのメカニズムに、西側の弾薬である7.62×51mmを使用している。
8月末に行われた軍事産業見本市にて展示されたAK-308。標準では20発弾倉を使用。本体の重量は4.3kgとやや重たい。

Image from Kalashinikov YouTube video

7.62×39mm弾を使用するAK-103をベースに、ハンドガードやバレル回り、グリップなど一部AK-12のコンポーネントが使用されている。

Image from Kalashinikov YouTube video

ストックは折りたたみ・4段階の伸縮が可能

Image from Kalashinikov YouTube video

サイトはピープ式。アッパーレシーバーカバー後端に配置されている。

Image from Kalashinikov YouTube video

セレクターはキリル文字ではなくA(セミオート)、R(フルオート)と一般的なアルファベットで表記されている。

Image from Kalashinikov YouTube video

カラシニコフ公式の実射デモンストレーション動画。M14やFALなどの「バトルライフル」の弾薬を使用するだけあって、反動に重厚さを感じる。上の画像のものよりも古い世代のプロトタイプが使用されたようだ。
Опытный автомат АК-308 - YouTube

こうしたモデルは一般的には輸出用として作られることが多い。同じくカラシニコフ・コンツェルンの「サイガ」シリーズにも西側の弾薬を使用する輸出モデルがあるので、AK-308もそのような用途に使われるのだろう。元モデルの一部であるAK-12が先日ロシア軍が制式採用されたということもあり、海外の軍・警察への売り込みに用いられるのではないだろうか。

Source: Опытный автомат АК-308 в деталях

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201809
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop