NEWS

カラシニコフ社がインドネシアの麻薬対策部局に向けてサイガショットガンの第一陣をデリバリー

海外軍事

Photo from Kalashnikov Concern
ロシア国営ロステック傘下の銃器メーカー、カラシニコフ・コンツェルン(Kalashnikov Concern)が、麻薬対策の為、インドネシアに向けて第一陣の武器供給を開始した。

インテルファクス通信などロシア国内の報道によると、インドネシア向けに出荷されるのは、12ゲージショットガンの「サイガ(Saiga)12C」。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    インドネシアでは、2001年7月に誕生した第5代メガワティ・スカルノプトゥリ(Megawati Sukarnoputri)大統領の号令下、2002年3月に「国家麻薬庁(BNN: National Anti Drug Agency)」が創設されており、麻薬との戦いを宣言している。

    一方のカラシニコフ社側は、「今回の出荷は海外協力の強化であると同時に、民間向け製品の輸出を拡大するため、戦略的にも重要な位置付けにある」としている。

    カラシニコフ・コンツェルンは現在までに、欧州、アジア、アフリカなど、世界25ヶ国で販売展開をおこなっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop