カラシニコフのPL-14拳銃がPL-15にアップデートされ公開

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
2015年に公開されたカラシニコフ・コンツェルンのPL-14拳銃は近代的な設計で話題となったが、今回アップデートされたPL-15がモスクワ近郊で開催された軍事技術展示会にて公開された。
PL-15は9mm口径、ハンマー内蔵式のダブルアクション・ハンドガン。依然「開発中」であり、PL-14からは内部メカ・外見ともに多数の変更が行われている。特に、グリップフレームはポリマー樹脂から軽量なアルミニウムに変更されたが、大量発注があった場合はいつでも生産性の高い樹脂フレームに切り替えられるということである。

PL-15 Kalashnikov review interview ПЛ-15 Калашников 9mm 9x19 semi automatic pistol Russia industry - YouTube

なお、展示されていたPL-15にはサプレッサーやライトが取り付けられている。カラシニコフ・コンツェルンではホルスターやマグポーチなど、アクセサリも開発中とのこと。警察・軍といった公用向けだけでなく、競技射撃などスポーツ用途も視野に入れて開発が進んでおり、スポンサードするチーム・カラシニコフの選手がPL-15を手にして競う日も近いのではないだろうか。

射撃世界王者・美女シューター「アラン・カレリン」公式ブログがスポーツニュースサイトでスタート - ミリブロNews

Sources: Army 2016: Kalashnikov upgrades PL-14 pistol | IHS Jane's 360

PL-15 Kalashnikov ПЛ-15 Калашников 9mm 9x19 semi-automatic pistol technical data sheet specifications pictures video 12609162 | Russia Russian army light heavy weapons UK | Russia Russian army military equipment vehicles UK

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201610
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop