カラシニコフのPL-14拳銃がPL-15にアップデートされ公開

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
2015年に公開されたカラシニコフ・コンツェルンのPL-14拳銃は近代的な設計で話題となったが、今回アップデートされたPL-15がモスクワ近郊で開催された軍事技術展示会にて公開された。
PL-15は9mm口径、ハンマー内蔵式のダブルアクション・ハンドガン。依然「開発中」であり、PL-14からは内部メカ・外見ともに多数の変更が行われている。特に、グリップフレームはポリマー樹脂から軽量なアルミニウムに変更されたが、大量発注があった場合はいつでも生産性の高い樹脂フレームに切り替えられるということである。

PL-15 Kalashnikov review interview ПЛ-15 Калашников 9mm 9x19 semi automatic pistol Russia industry - YouTube

なお、展示されていたPL-15にはサプレッサーやライトが取り付けられている。カラシニコフ・コンツェルンではホルスターやマグポーチなど、アクセサリも開発中とのこと。警察・軍といった公用向けだけでなく、競技射撃などスポーツ用途も視野に入れて開発が進んでおり、スポンサードするチーム・カラシニコフの選手がPL-15を手にして競う日も近いのではないだろうか。

射撃世界王者・美女シューター「アラン・カレリン」公式ブログがスポーツニュースサイトでスタート - ミリブロNews

Sources: Army 2016: Kalashnikov upgrades PL-14 pistol | IHS Jane's 360

PL-15 Kalashnikov ПЛ-15 Калашников 9mm 9x19 semi-automatic pistol technical data sheet specifications pictures video 12609162 | Russia Russian army light heavy weapons UK | Russia Russian army military equipment vehicles UK

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201610
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop