NEWS

韓国海軍特殊部隊が米軍グアム基地で北朝鮮との戦闘に備えたCQB訓練を実施

海外軍事

U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Arthurgwain L. Marquez
米海軍第7艦隊は11月29日、グアム基地で訓練に励む韓国海軍特殊部隊の様子を捉えた写真数点を公開した。「ROK Mil to Mil」演習には、韓国海軍特殊戦戦隊(ROKNSWF: Republic of Korea (ROK) Naval Special Warfare Flotilla)のメンバーが参加し、近接戦闘(CQB: Close Quarter Battle)訓練における戦術・戦技の他、爆発物処理の手順などの習熟に取り組んでいる。

U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Arthurgwain L. Marquez

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Arthurgwain L. Marquez


    U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Arthurgwain L. Marquez
    韓国ニュース日本語サイト「ワウコリア(WoW!Korea)」は5日付けの記事で、「韓国特殊部隊がグアムで北朝鮮のテロに備えた訓練を実施」「特殊部隊の特性と任務上、非公開で進められた」と綴っている。この「非公開」扱いが関係したかは定かではないが、その後米軍公式データライブラリーDVIDSからは、訓練に参加していた韓国海軍特殊部隊UDT/SEAL隊員の写真が削除されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売
    2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)
     IWI 7.62X51mm弾を使用するブルパップライフル「タボール7」を発売 (2017-12-08 12:19)
     2019年に近接戦闘部隊で女性にも門戸開放を予定している英軍は、特殊部隊SAS選抜過程の緩和を検討か (2017-12-07 17:16)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop