NEWS

ダーイッシュ (IS) に市街地で猛攻撃を仕掛けるクルド人特殊部隊の映像

海外軍事
ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) の支配下にあるイラク北部の主要都市、モースルの奪還に向けた最大規模の作戦が展開されている中、クルド人の特殊部隊とされる一団による猛攻を示す映像が投稿された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像はクルズアット・ニュース (Kurdsat News) によって投稿されたもので、モースルの南東約 150 キロメートルにあるキルクークでおこなわれた、市街地戦の様子を収めている。


    Capture scree: via Kurdsat News official FaceBook

    MI (Midwest Industries, Inc.) 製 MI SSK-Keymod シリーズのワンピース・フリーフロート ハンドガードを備えたライフルを持つオペレーターの姿も。

    Capture scree: via Kurdsat News official FaceBook

    Capture scree: via Kurdsat News official FaceBook
    米欧各国を中心とした連合軍を後ろ盾とするクルド人部隊。
    映像では、米国の特殊部隊と同様に、クライ・プレシジョン (Crye Precision) 製コンバットシャツ&パンツに、同 JPC、CPC といったプレートキャリア、AirFrame、Ops-Core ヘルメットを着用し、PEQ-2、EOTech ホロサイト&マグニファイアー、シュアファイア製フラッシュライトを備えた M4 ライフル、M240 中機関銃、PKM 軽機関銃、H&K 製グレネードランチャーといった武装をしているクルド特殊部隊員の様子が確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop