LCTエアソフトがイベント「國際迷彩嘉年華」の会場で新製品PKPペチェネグ機関銃&G3を展示

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
6月9日から11日を会期とし、台北花博爭艷館において中華民國玩具槍協會(TWAAA: Taiwan Airsoft & Airgun Association)主催による2017年度の國際迷彩嘉年華(Camo Festival in Taiwan)・生存遊戲日が開催された。

世界のエアソフトマーケットにおいて一大製造拠点となった台湾。カモフェスティバルでは、日本のエアソフトファンの間でも知られている有名メーカー各社が出展している。

関連記事:
【海外エアガン】LCTが2017年の新製品として「PKP」と「G3」を発表

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    その中の1つ、LCTエアソフトからは、昨年の時点で「2017年度向け新商品」として告知されていた注目の2商品、「PKP」ペチェネグ機関銃と「G3(LC3)」の展示がおこなわれている。現地で取材活動をおこなっているポーランド最大のエアソフトポータルサイトのWMASGが、写真数点を添えて紹介している。

    会場で展示されたPKPには、サイドレールが付属しており、PKPならではのバレル周辺が再現されている。PKPのエアソフトモデルと言えば、同じく台湾のラプターというメーカーから近日発売が予定されている。高級志向のLCT製に対してこちらは廉価版といった感覚になり、価格差は2倍近く開くものと思われる。

    木製パーツの美しいこちらのG3は、他社従来製品にあったアルミ製のものではなく、初のスチール製でモデルアップされている。背面には継ぎ目のない、実銃同様のプレス成型となっている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管
    シュアファイア社が買い求めやすくなった「2211シグネチャー・リストライト」を発売
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     映画「キングスマン」登場のトカレフTT-30を再現したエアソフト、『ShowGuns KPS』が限定発売 (2017-09-21 19:28)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管 (2017-09-20 19:52)
     シュアファイア社が買い求めやすくなった「2211シグネチャー・リストライト」を発売 (2017-09-20 16:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop