イタリア発のエアソフト用に特化したライト&レーザーモジュール

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
イタリアのLaserLedが、エアソフト用に特化したライト&レーザーモジュールを発表した。

このモジュールは、ハイダーやサプレッサーの要領で取り付けるもので、先端側に200ルーメンを出力するフラッシュライトや、ストロボライト、レッド&グリーンレーザー、IRを照射する機能を持っている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ターゲットに向ける機能を銃の最先端に配置することで、ライト照射時の影を無くすことができる他、レーザー照射時における弾道との視差を軽減させる効果が狙える。

    また、足元を照らすためにモジュールの下方に向けてナビゲート用のカラーライト(ホワイト、レッド、グリーン、ブルー)も用意されている。加えてフロントサイトの役割を担う機能も付加するようだ。


    Photo from LaserLed
    これらの照射切り替えについてはリモートケーブルでおこなえ、ピカティニー規格レイル対応のテープスイッチ式のものと、バーティカルグリップ式がラインナップされている。

    一式セットの価格は129~159ユーロ(=約1万5,700円~1万9,000円)、別売のバーティカル・フォアグリップは62~65.9ユーロ(=約7,500円~8,000円)となっている。

    なお、海外製にありがちな強い出力を持つレーザー製品は、日本国内においては「消費生活用製品安全法」の下、規制の対象となっているので注意が必要だ。同法では【PSC マーク】の無いレーザー出力製品 (携帯用レーザー応用装置) を【販売・陳列】することが禁止されており、違反した場合は、【1 年以下の懲役または 100 万円以下の罰金、またはこれを併科する】と定められている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中
    バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催
    実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン
    弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」
    サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開
    「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦
     【PR】7/24(月)開催!カギッキ氏の「第2回ベーシックタクトレ現地版」参加者募集中 (2017-07-19 20:14)
     バーストヘッド主催ミリタリー物販イベント、第2回「爆裂祭」が10月1日(日)に東京・池袋で開催 (2017-07-14 19:24)
     実寸大のMH-60ブラックホークがあるサバゲーフィールド「Airsoft Zone Delta」が千葉にオープン (2017-07-13 12:48)
     弾倉など各種アイテムを素早く保持できるファーストスピアの「MultiMag Rapid-Adjustポケット」 (2017-07-12 15:59)
     サプレッサー装着済のM249ミニミを700発連続で射撃すると溶け落ちる。実証映像が公開 (2017-07-11 12:11)
     「TANK2.0」サバイバルゲームを楽しむ「進行性の難病」を抱える青年、サイモン・ジェームソンの挑戦 (2017-07-10 16:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop