ラトビア内務省が「有事」や「軍事訓練」と区別の為「サバイバルゲーム」の法整備化を検討

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: Russian MoD
Image is for illustration purposes only.
ラトビア内務省が「戦争ごっこ」の法整備に向けた有識者会議を計画している。同国のニュースメディア、ミックスニュース (Mixnews.lv) やロシアのスプートニク、レグナム などが伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    内務省関係者によると、最近流行のエアソフトを使った戦争ごっこ、日本で言うところの所謂「サバイバルゲーム」は、バッテリー駆動の小銃などを使って本物の兵士と見間違うスタイルをし、野山や廃墟の中で疑似戦闘を繰り広げるため、一見すると「有事」や「軍事訓練」との見分けが付かないとして問題視している。

    また法整備と並行して、国内にサバイバルゲーム用の組織 (協会?) を設立する必要性についても検討している。

    今回の一連の大きな動きになった背景は、去る 8 月 28 日、中西部のオゾルニエキ (Ozolnieki) において、サバイバルゲームに興じていたプレイヤーを、「外国の武装集団が侵入している」の一報を受けて、治安警察の特殊部隊が出動する事態になったことが上げられている。このゲームには 5 チームが参加していたが、その内の 1 つのチームメンバーは、ロシア軍の戦闘服を着用していた。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
    半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)
     半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場 (2018-04-12 16:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop