NEWS

ライトファイター(LiteFighter Systems)社が米海兵隊用『コンバットテント』の大口契約を受注

海外軍事 Comments(0)

Photo from LiteFighter Systems, LLC.
アメリカ国防総省が、コンバットテントを手掛けるペンシルベニア州フィラデルフィアのライトファイター・システムズ社(LiteFighter Systems, LLC.)との間で、海兵隊用のコンバットテントを最大約1,062万米ドル(=約11億8千万円)で購入する契約を交わしたことを発表した。
購入対象となる製品名は明らかにされていないが、この金額を同社製品の平均小売価格440米ドルで計算すると約24,000セット分となる。購入費用は2018~23年度の予算から歳出され、4年計画で2023年7月までに完納される予定。


Photo from LiteFighter Systems, LLC.
ライトファイター社は、コンバットテントの他にテント用品、虫除けスプレー、キャリーバッグ、アパレル用品を手掛ける2010年創業の中小企業である。今回はライバル企業2社を抑えて大口の契約を勝ち取ったとのこと。

Source: U.S. DoD contracts infromation

Text: 弓削島一樹 - FM201807

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop