NEWS

米海兵隊キャンプ・ペンデルトンがMARSOC精鋭レイダース隊員によるDA訓練映像を公開

海外軍事
米海兵隊キャンプ・ペンデルトンがその公式YouTubeチャンネルで、4日におこなわれたダイレクトアクション(DA: Direct Action)訓練の映像を公開した。

僅かに30秒ほどの映像だが、そこに映っているのは、その携行火器や装備からも海兵隊特殊作戦司令部(MARSOC)の精鋭レイダース隊員と考えられる。

関連記事:
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海兵隊特殊部隊 MARSOC「レイダース」編

8/10 update
下記動画が追加されました。
Camp Pendleton Marines train to ensure mission readiness

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Image from Camp Pendleton
    西海岸最初の遠征訓練基地として知られる、海兵隊キャンプ・ペンデルトン。第二次大戦のそれまで、海兵隊基地は、バージニア州クアンティコ、サウスカロライナ州パリス・アイランド、カリフォルニア州サンディエゴに限られていた。

    1941年5月27日、時の大統領であったフランクリン・ルーズベルト(Franklin D. Roosevelt)が、国家緊急事態を宣言。これにより、すべての米軍の拡大が承認されたことによって、水陸両用訓練施設が即時追加されることとなり、キャンプ・ペンデルトン創設に着手している。

    5ヶ月の建設期間を経て、西海岸最大の軍事施設が完成。第9海兵連隊・第1大隊が最初の入所部隊となっている。そして翌1942年9月25日、ルーズベルトは基地開所を宣言。その名称は、西海岸での訓練基地創設を提唱していた第一次大戦下のジョセフ・ペンデルトン(Joseph H. Pendleton)少将に因んで付けられている。

    1944年10月までに、キャンプ・ペンドルトンは「常設化」が宣言され、1946年には第1海兵師団の本拠地となっている。その後、1980年代には歩兵部隊、機甲部隊、補給部隊、航空能力を組み合わせて "水陸両用"から "遠征"に至るまで、その能力を拡大。グレナダ、パナマ、ペルシャ湾、ソマリア、ボスニア、ハイチ、アフガニスタン、イラクと海兵隊が参加した実動作戦を通じて、その戦力への貢献を強めている。

    そして、キャンプ・ペンデルトンは今年、2017年9月25日にルーズベルトの開設宣言から75年の節目を迎える。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop