NEWS

米海兵隊特殊部隊 MARSOC の制服用徽章のデザインが決定

海外軍事

Image from USMC Facebook page.
海軍特殊部隊SEALsの「トライデント」や陸上自衛隊レンジャーの「ダイヤモンド」など、エリート隊員の胸に輝く徽章は厳しい訓練をクリアした証拠。このたび米海兵隊特殊部隊MARSOC隊員を表す徽章のデザインが決定された。

支給対象者は厳しい選抜試験(ITC)を突破しMOSを取得したCSO(Critical Skills Operators)または特殊作戦士官(SOO Special Operations Officers)。少なくとも268日間の訓練コースを突破したものだけが、この徽章を着用することができる。

関連記事:
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海兵隊特殊部隊 MARSOC「レイダース」編

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    新デザインはワシが短刀と盾を抱いた上にモットーの「Spiritus Invictus(不屈の魂)」が書かれたバナーをあしらったもので、サイズは2×2.75インチ(約5×7センチ)。羽を広げたワシはアメリカと世界すべてを覆う力を表し、そして短刀は特殊部隊の象徴であるとともに海兵特殊作戦学校のシンボルである。

    盾に描かれた5つの星は南十字星で、第2次世界大戦中の太平洋戦線において活躍し先般その名称が復活した「レイダー部隊(Raiders)」を称えるもの。こちらは現在の部隊パッチにもみることができる。

    関連記事:
    米海兵隊特殊部隊 MARSOC、第二次大戦下レイダースとその歴史

    なお、隊員有志によるものと思われるこちらのデザインが以前に出回ったことがある。ドクロこそ「レイダース」のシンボルである、と残念に思う声もいくらかあるようだ。
    Source:MARSOC to receive new breast Insignia

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201608
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop