NEWS

米国立海兵隊博物館に特殊部隊 MARSOC の装備品を示す新たなディスプレイケースが一時公開

海外軍事

Photo: National Museum of the Marine Corps (USMC-Museum) official FaceBook
米海兵隊特殊部隊 MARSOC (Marine Corps Forces Special Operations Command) 関係者による監修の下、その装備展示に向けた準備を進めているバージニア州トライアングルの国立海兵隊博物館 (National Museum of the Marine Corps) が、新たなディスプレイケースを示す写真を公開した。

関連記事:
米国立海兵隊博物館、対テロ戦争 (GWOT) 中の MARSOC にスポットを当てた装備展示を準備中

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    一時展示品として公開されたこちらのディスプレイケース。2009 年から 2010 年に掛けて、アフガニスタン北西部のバーラー・モルガーブ (Bala Murghab) 峡谷にディプロイメントした MSOT 8222 (Marine Special Operations Team 8222) 隊員の装備となっている。


    Photo: National Museum of the Marine Corps (USMC-Museum) official FaceBook



    Photo: National Museum of the Marine Corps (USMC-Museum) official FaceBook
    AN/PVS-15 双眼型夜間暗視装置とぺルター製ヘッドセットが取り付けられた FAST (Future Assault Shell Technology) ヘルメットを着用したヘッド部分と、ドライファイア製 (DRIFIRE) フォートレックス (FORTREX) ウッドランド・コンバットシャツに各種携行品を満載で取り付けた MBAV (Modular Body Armor Vest) を着用しているトルソーが示されている。

    胸部の「アドミンポーチ」には、ミッション中の隊員特定や負傷者報告の際に使用される「キルパッチ (Kill Patch) 」が確認できる。


    Photo: National Museum of the Marine Corps (USMC-Museum) official FaceBook


    MSOT 8222 は 2009 年 12 月、人里離れたこの渓谷において、陸軍の第 82 空挺師団とアフガニスタン軍 (ANA: Afghan National Army) と共に過酷な任務に就き、冬期を通じて武装勢力タリバンとの戦いを続けた。

    年は明けて 2010 年 4 月、MSOT 8222 は、陸軍特殊部隊とアフガニスタンのコマンド部隊と共に、タリバンの出鼻を挫くべく、夜間襲撃の先制攻撃を仕掛けている。

    なお、この他に第 1 海兵隊特殊作戦大隊 ブラボー中隊に所属し、2010 年 7 月 11 日にヘルマンド州の戦闘作戦で戦死した、故クリストファー・アントニク (Christopher J. Antonik) 二等軍曹 (享年 29 歳) に関連した遺品の展示もおこなわれているとのこと。

    加えて国立海兵隊博物館では、アフガニスタンにおける MARSOC 戦闘記録の決定本として知られる聖マーティンズ・プレス (St. Martin's Press) 刊の「レベル・ゼロ・ヒーローズ (Level Zero Heroes) 」の著者であり、自身も元 MSOT 8222 のメンバーであるマイケル・ゴーレムベスキー (Michael Golembesky) 氏による海兵隊遺産基金主催のサイン会を計画している。

    関連記事:
    MARSOC アフガン戦闘回顧録、書籍「Level Zero Heroes」プロモーション映像

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ
    過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が訓練時間の短縮・効率化を狙い、5種の火器をSIG MCXで統一化へ (2017-11-20 19:59)
     過剰成分を排除した元SEAL隊員考案のエナジー飲料「ストライク・フォース・エナジー」 (2017-11-20 19:09)
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop