種も仕掛けも無し!有名マジシャンが観客の前で「口を使って銃弾をキャッチするパフォーマンス」に失敗

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
世界的なマジシャンのデビッド・ブレイン(David Blaine)といえば数年前から「ブレット・キャッチ(Bullet Catch)」というパフォーマンスで知られている。

これはガムシールドを詰めた金属カップを口にくわえ、そこにライフルから銃弾を発射して受け止めるという演目。自分でヒモを引くことでトリガーを操作して発射を行う。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    しかし、先頃のラスベガス公演において銃弾がカップに当たったことによって跳ね返り、同時にマウスガードから外れたカップが口腔内に押し込まれるという事故が発生した。

    この直後に緊急搬送されたが生命に別状はなく、弾丸も跳ね返ったため大きな怪我を負わなかった。

    2万人もの観客の前での事故となったが、図らずもこのパフォーマンスでは実弾を使用していることが証明されたことになり、彼の評価は再浮上しているという。

    言わずもがな、良い子も良識ある大人も決して真似をしてはならない・・・。

    Text: 乾宗一郎 - FM201701

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop