NEWS

彼女はシベリアの刑務所で生まれ、そしてアメリカの海兵隊員になった

海外軍事
2017年1月13日に海兵隊初等訓練課程を修了した女性兵士、マリア・ドゥーマ(Maria Daume)の出自は異色だ。彼女はロシア・シベリアの刑務所で生まれたのだ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    彼女と双子の兄ニコライは、彼らの母がシベリアの刑務所に収監されているときに生まれた。母はその2年後に収監されたまま病で亡くなり、二人は、モスクワの孤児院を通じてアメリカの家庭に引き取られた。アメリカでの生活は何不自由の無いものであったが、世間からいわれのない差別を受け続けた。「差別のない世界」。彼女は自然と海兵隊に入隊することを決めた。


    Photo by Staff Sgt. Greg Thomas
    「体力に自信があるってことだけで、階級とか、海兵隊独特のルールなどまったく知らずに入隊しました」。「海兵隊は実力主義です。技術や知識を得るためには努力が必要です。まさに自分次第です」。ドゥーマはインタビューに答えた。

    今回、初等訓練課程を修了する女性兵士は4名であり、このあと、全員が歩兵学校へ進む。これは画期的なことである。以前は、女性兵士が戦闘行為に参加できなかったため、女性兵士が進むのは、医療・救急部門か補給・兵站、通信部門と決まっていたが、法律が改正され戦闘行為ができるようになったため、初めて歩兵学校へ進むことが許された。

    関連記事:
    米海兵隊特殊部隊 (MARSOC) に初の女性精鋭隊員 (CSO) 誕生なるか?評価選定が開始に


    Photo by Staff Sgt. Greg Thomas


    Photo by Staff Sgt. Greg Thomas
    1年の訓練課程と数年の実戦を経れば、ドゥーマは下士官に任官することになる。

    海兵隊の伝統して、「ビックE(Enlist Officer・・・下士官)・リトルO(Officer・・・士官)」というものがあり、士官よりも優秀な下士官を増やすことに力を注いでいる。従来は、医師や看護師、会計士・弁護士などの国家資格でも持ってなければ、戦闘に参加できない女性は士官・下士官になれず上等兵止まりだった。

    ドゥーマが下士官となり、男性兵士を指揮する日も近い。

    Text: 友清仁 - FM201702

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop