海兵隊遺産基金の劇場オープンに合わせて制作されたドキュメンタリー映像「WE, THE MARINES」

海外軍事映画・テレビ
米バージニア州クアンティコに7月23日、「海兵隊遺産基金(Marine Corps Heritage Foundation)」の運営する劇場、「メダル・オブ・オナー・シアター(Medal of Honor Theater)」がお披露目された。
同基金はそれに合わせて先月初めに、海兵隊を象徴する映像「WE, THE MARINES」のトレーラーを公開している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    有事の際に真っ先に投入されることから「殴り込み部隊」とも称される海兵隊。「WE, THE MARINES」は、その中で国家を称え、献身的に活動する隊員らにフォーカスを当てた映像となっており、元海兵隊員でアカデミー賞俳優のジーン・ハックマン(Gene Hackman)氏によるナレーショーンと共に、ブートキャンプ(新入隊員を対象にした訓練プログラム)からディプロイメント、戦地からの帰国を描いている。


    Photo from WE, THE MARINES
    公式サイトによると、全40分ほどの映像は、最先端の4Kレーザープロジェクターによって、まるでCH-53ヘリコプターの操縦席で観るような感覚になるとのこと。パリス・アイランド(サウスカロライナ州)、キャンプペンドルトン、キャンプ・ルジューン、クアンティコ、トゥエンティナイン・パームス…と、米メインランド各地に点在する海兵隊の拠点を追跡し、各地で海兵隊員がその役割を果たすための取り組み・活動を紹介している。


    Poster: WE, THE MARINES
    映像は、軍需最大手のロッキード・マーティン社によるスポンサーの下、ドキュメンタリー映像を数多く手掛けてきたマクギリブレイ・フリーマン(MacGillivray Freeman Films)社が制作を担当している。(基金自体はボーイング社がスポンサーを務めている)

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop