NEWS

米海兵隊が新型トロピカル・ユニフォームの最終評価を完了。現行品から30%の軽量化を実現

海外軍事
米海兵隊が、熱帯地方向けの新型ユニフォームについてその最終評価を終えたことを明かした。
この新型トロピカル・ユニフォームの評価を受け持っていたのは、第3海兵連隊・第3大隊。今月3日から5日に掛けて、ハワイ・オアフ島の東岸、カネオヘ湾から15マイル(=約24キロメートル)ほど内地に向かったコオラウ山脈麓のカフク訓練場でおこなわれていた。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    評価の中で、耐久性、適合性、機能性の3つが決め手として挙げられている。
    ユニフォームは5種のファブリック(布地)から始まり1種にまとめられ、現行ユニフォームと同じナイロン/コットンの混合ながらも、30%の軽量化を実現している。
    新型トロピカル・ユニフォームは、2018年にも決定される見込み。


    Screenshot from U.S. Marine Corps official YouTube channel
    また映像の中ではブーツについても触れており、3種が最終評価を無事終え、その内の1つが僅かにクローズアップされている。いずれのブーツも現行の戦闘ブーツと比べて0.5~1ポンド(=約227~454グラム)の軽量化を図っているとのこと。

    関連記事:
    米海兵隊の標準仕様となる新たなジャングルブーツが2018年夏までに特定

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供
    ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似
    米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保
    アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米国がウクライナに単眼型ナイトビジョン装置「AN/PVS-14」×2,500セットを無償提供 (2018-02-21 18:18)
     ロシアの「将来兵士計画」で描かれたコンセプトアートが『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』に類似 (2018-02-21 17:11)
     米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保 (2018-02-21 14:47)
     アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む (2018-02-21 12:26)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     米新興EVメーカー「ニコラ・モーター」が、3.5秒以内で時速100Kmに加速する『レックレスUTV』を初展示 (2018-02-20 16:55)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop