NEWS

「最寄りの町を教えてください」悪天候の中で軍用ヘリが高速道路に着陸し、トラック運転手に方角を尋ねる

海外軍事
中央アジアとヨーロッパにまたがるカザフスタン共和国において、悪天候の中で方向感覚を失った軍のヘリコプターが高速道路に着陸。道行くトラックの車列を阻み、運転手に最寄り町の方角を尋ねる珍事が発生した。その様子を収めた映像がSNSで拡散されて話題となっている。
高速道路に着陸したのは、ロケットポッド4つを備えたMi-8武装ヘリコプター。映像からも随分と視界の利かない状況であることが分かる。ローターの回転を止めることなく、道路上をゆっくりとトラックへ近付く機体から、1名の乗員が降り立ち駆け寄ってきている。

握手を交わし、軽く挨拶をした後に、手を使って道路の前後を指すようなジェスチャーを数度おこなっている。この僅かな接触の中で方向感覚を取り戻したのか、乗員はサムアップを見せた後、軽快なステップと共に機体へと戻っている。

そして、車列からほんの数メートルほど前に停められていた機体に戻ると、回転数を上げて正しい方角を目指してすぐに飛び立っている。

国防省によると、人が観測した情報を頼りに自身の位置を把握しながらおこなうオリエンテーリング演習の一環であったとのこと。地元メディアによれば、演習自体は「成功した」旨が伝えられ、映像のMi-8武装ヘリコプターは、その後無事に飛行場へと帰還しているようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝
イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用
中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 第9回米陸軍特殊作戦司令部国際スナイパー競技会で第3特殊部隊グループが2年連続の優勝 (2017-03-30 13:19)
 イラク治安部隊を支援する米軍「軍事アドバイザー」が、部隊指揮官の裁量で黒色の戦闘服を着用 (2017-03-29 16:14)
 中国の警察特殊部隊が新疆ウィグル自治区の「ビン・ラディン ハウス」レプリカ施設で襲撃訓練。ST6をお手本か (2017-03-29 13:00)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop