ミッドウェスト・インダストリーズからIWI・ガリルACE用のM-Lokハンドガードが発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Midwest Industries
AK-47を改良した堅牢なメカニズムを持つイスラエル生まれのガリル自動小銃。そのアップデートバージョンであるガリルACEには色々な近代化改修が行われているものの、ハンドガードはごく一般的なもので拡張性に欠けている。そんなガリルACEにミッドウェスト・インダストリーズからM-Lokハンドガードが発売される。

オリジナルのガリルACE。5.56mm、.308、7.62x39mmの三種類の口径でロングバレル、ショートバレルが用意されている。

Photo from IWI

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    M-Lokハンドガードを装着したガリルACE。ハンドガード長は12.5インチ

    左右に3箇所ずつ、計6箇所のQDポイントがあり、スリングスイベルなどを装着できる。

    6061 T6アルミニウム製で価格は189ドル95セント(約2万1千円)。

    こうしたキットは真面目に使い勝手を向上させるものから、半ばギャグのようなものまで色々と面白いものがある。以前、モシン・ナガンの改修キットの記事でも取り上げたが、是非「Tacticool Rifle」や「bubba'd rifle」で検索してみて、お気に入りの改造ライフルを見つけてほしい。

    参考:19世紀生まれのモシン・ナガンを超モダンなライフルにするストックをウクライナ・Crook社が発売 - ミリブロNews

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201707
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売
    「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス
    『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に
    カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開
     各種タクティカル製品で知られるブランド「US PALM」が解散 (2017-08-22 14:24)
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     サイバーガンがGlock社ライセンス済エアソフト製品「GLOCK G17 Inokatsu」を国内限定100挺で販売 (2017-08-21 21:26)
     「ウォーベルト」のどこに何を配置すれば良いのか?元米陸軍特殊部隊員がアドバイス (2017-08-18 12:15)
     『民兵 vs PMC』でサバイバルゲーム。9/17に開催する「MMM2017SEP」の参加受付が開始に (2017-08-10 19:36)
     カラシニコフ純正の電動ガンが間もなく登場。専門家による解説PVも公開 (2017-08-09 12:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop