MHSの勝者・シグP320をノーカットで1000発撃つとこうなる

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米軍MHS(Modular Handgun System)トライアルの勝者、シグP320は「仕様が求めるのと同量の耐久テストを行えばグロックのほうがタフだったのではないか」と、先日グロックの副社長がコメントしたが実際のところはどうなのだろうか。シグ社のP320をノンストップで2万発……とはいかないものの1000発撃つところをノーカットで納めた動画を有志が公開している。

参考:MHS選定に敗北したグロック社幹部「最後までテストを続ければ勝ったはず」 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    動画では15分ほどで1000発を消化。最後にはトリガーは摂氏93度、バレルは摂氏154度まで温度が上昇し、手袋なしでは持つのが難しいほどになったがそれでも問題なく射撃できている。

    UPDATE: Sig P320 1000 Round Test - Missed Damage - YouTube
    気になるダメージについてはバレルのコーティングが損傷し、錆が出始めたのと、ポリマーフレーム前方のダストカバー部分がバレルの熱で溶けてしまっているのが最たるもので他に大きな損傷はないという。シグP320は金属のインナーフレームが「銃」であり、ポリマー部分は容易に交換可能なためほぼノーダメージといってよいだろう。極めてタフなハンドガンといえるのではないか。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201707
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop